海外赴任時の留守宅管理サービス

会社勤めをしていると、突然の海外赴任という辞令を受け取ることがあります。ほとんどの場合、3年といったまとまった期間になるため、住んでいる分譲マンションから引っ越さなければならなくなってしまいます。家族を残すのではなく一緒に引っ越すことになったのだが、帰国後は同じマンションに居住したいのだが、どうしたらよいのだろうか、といった問題が目の前にふってきます。

そこで悩みは、海外に居住している間のマンションの扱いと管理です。賃貸に出すのがいいのか、空き家にしておくのか。赴任期間は最長でも3年なのだが、その間も管理費・共益費などは発生しますし、空き家にしておくと泥棒被害も心配です。時々中を開けたり掃除したりしないと傷みやすくなります。誰かに時々来てもらって掃除をお願いしようと思っても、頼める親戚が近くにいるわけでもない。

実際にあり得る展開ですが、このようなときに、どこに相談したらよいのでしょうか。そんなときに頼りになるのが、転勤者向けに留守宅管理を専門に行う事業者です。これをリロケーションサービスと呼んでおり、大手デベロッパーから専業の事業者まで様々な企業が提供しています。

参照資料<マンション貸す.com|無料一括査定でマンションを高く貸す!>
マンションを貸したい人へ留守宅管理業者を紹介しているサイトです。

具体的なサービスとしては、留守宅の借受け、賃貸借の仲介斡旋、賃貸中の管理業務代行、留守宅の維持・管理、引越サービス、家財保管、増改築・修理等、多岐にわたっています。本サイトではリロケーションサービスについて、その特色や留意点についてまとめます。