利用イメージ、注意点

最後に、留守宅管理サービスを利用したリロケーションの利用イメージをまとめます。リロケーションサービスを提供する企業と契約すると、賃料取り立て業務、維持補修点検、修理の手配、契約の更新、解約交渉などをお願いします。また、自宅の家具、骨董類などの財産の管理もお願いできます。これらの業務の手数料として、契約時に事務手数料を支払い、契約期間中の管理業務料として賃料の1割程度、賃料改定時に増加額の1か月相当額などが必要になることが一般的です。

もう少し詳しく洗い出してみると、第三者に貸し出している期間中、あるいは誰も済まないまま完全に留守にしている期間中でも、劣化度合いなどによっては、住まいの内装や外装の補修があります。壁紙の補修や、クロスの補修などが必要になれば、専門業者に頼むことができます。室内の改造・増築が必要な場合はその工事を手配してもらえます。ボイラーや電気周りの点検修理も必要です。また窓の掃除、ホコリ、カビの防止・除去などこまめな手入れが必要です。

このような作業をお願いするには信頼できる企業にお任せするしかありません。インターネットで様々な企業が対応していますが、自分自身の目で見きわめることが重要です。大切な財産なのですから。