リロケーションサービスの特色

外赴任に当たって、留守宅になるマンションの管理などをお願いできるリロケーションサービスにはどのような特色があるのでしょうか。ここでは留守宅管理を行う企業に依頼する場合についてまとめます。まず、マンションの借主を法人に限定できます。つまり企業の社宅として使ってもらうのです。これなら退去せず居座るなどの心配が要りませんが、念をいれて定期借家、契約更新なし、公正証書で契約といった専門的助言も受けられます。必要に応じて室内の補修・点検・清掃などをお願いする事も可能です。

人に貸さない場合でも定期的なチェックがないと、家はマンションであってもあっという間に傷んでしまうからです。借主の事情で家賃の支払い遅延などがあった際に、家賃収入を保証するサービスもあります。

留守宅管理会社に対して支払う費用は、これらのメリットを踏まえ、家賃から2割程度(あくまで一般相場と同程度とした場合)が目安とされています。このほかに、電話契約の扱い、貸出期間中の家賃改定、借主の都合で解約された場合に借主を見つけられるかどうかなど、様々な事情にも対応してもらえます。何かあってもすぐに帰国できない海外赴任中、大切な財産を任せる以上、信頼できる管理会社を見つけることが重要です。